サイドポジションからのラペラチョーク

こんばんわ。
白帯ササキです。
8月4日の技れんは、大井さんによるサイドポジションからのラペラチョークなどでした。
 皆様ご存知の通り、横四方固めから道着のマエダレを使った絞め技です。
 自分の道着も相手の道着どちらでも良いのですが、肌けさせた道着で、相手の頸動脈を絞める暗殺技です。
 自分の道着で絞める時のポイントは、相手の道着を帯の上に出すフリをしながら、実は自分の道着を帯の上に出すところ、だと思います。
 横四方に取られた相手は、自分の道着をマクリ上げられ、不安で一杯なことから、これ以上自分の道着をまくられないよう、自分の手で自分のえりを掴んで押さえます。
 しかしながら、こちらは、相手を、肌けさすフリをしながら、自分のえりを引き出し後頚部から、その襟を巻きつけていくという恐ろしい絞めです。
 他に袖車も教わりました。
 これは、使えると確信したワタシは、直後のスパーで試したのですが、ボコボコにされてしまったのです。道は険しいです。

One thought on “サイドポジションからのラペラチョーク”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です